2014-08-13

ブルベ装備の振り返り

0 件のコメント :
こんにちは。

ブルベを走る度に、ネタ切れ救済として
「振返り記事」を書いてますが、
新しい自転車になって初めてのブルベということと、
PDCAはどんなことでも重要!

なので、懲りずに今回もやります(* ̄ー ̄*)=3。

個人的な話なので、ご興味ある方だけどうぞ ^^。
 
まずはコクピット周りから。 
K-EDGEのガーミンマウントを採用しましたが、
これが結構見やすい。

そこで、ガーミンはそのままで、キャットアイをステムに追加。
縦に連なっていい感じ~♪
と思っていたのですが、残念っ。
キューシート入れと干渉しました。
 
一瞬、フロントバックの作り直しを考えましたが、、
K-EDGEを反対に取り付ければ良くね?(-▽ー)
無事フロントバッグと両立できました。メデタシ。

ただ、ガーミンの左側にスペースが無く、ボタンが押しにくい。
でも、使えるのでOK。

問題は、K-EDGEにガーミンをマウントしたまま
電源ケーブルを差しにくいこと。
 
台座とケーブルの口が干渉するんですね。
  
300以上は充電しながら走らないといけないので、
他のマウントも視野に入れ、改善の余地有りかな。
 
あと、キューシート入れ。
ここが今回の最大の欠点。
浸水した。もう一度練り直し。

もっとステム部分まで持ってきて、見易さを追求しようかな?
 
どうしても字が小さくなるので、走りながら見るのは厳しい。
やっぱラミネートかなぁ (-ー;)。
 
続いてライト。
過去は
 こんなブラケットを
ハンドルに直接、無理やりつけて、固定していたのですが、
 
新しい自転車のハンドルは、径が大きくなったため、
取り付けできません。

そ こで、昔サイコンのマウントに使っていた、
ミノウラのSG-200(下の写真)をステム下の
フォークコラム部分に付け、
分かりづらい?
もう少し近寄ってみた
このブラケットの先端にライトを固定してみました。
SG-200の強度に不安があったのですが、
テストライドとして走った「富山ブラック」でも、また、
今回の300本番でも全く問題ありませんでした。

今後も使えそうなので、他のSGシリーズとあわせて、
より良いマウント方法を探りたいと思います。

ちなみに、SG-200とライトを固定するホルダー。
これは以前、ライトを固定するベルトが劣化したので、
市販のゴムで、ベルトを自作しましたが、
今回ゴムが切れて、ライトが落ちました。
 
事前準備の段階で、そろそろやばいかな?
と思っていましたが、予想通り(´・ω・`)ショボーン。

予備を持っていっていたので本番は問題なし。
ゴムは安いので、どんどん交換したほうが無難ですね。
 
つづいてサドルライト。
トンネルが多かった今回のコースでは、
昼間もつけっぱなしでしたが、20時間なら連続稼動問題無し。
 
更に雨も大丈夫だったので、このライトの信頼性がかなり上昇。
ジテ通もこのままでいいかな。
 
実際後ろから見てどうか?は分かりませんが、
トンネルでクルマが避けてくれたので、問題なかったのでしょう。

私の後ろを走る人が、まぶしかったかもしれません。
それは、ごめんなさい(^^;)。
サドルバックは、この尾灯機能を殺さないように、
ベルクロで若干のクリアランスを設けてやりました。
 
こちらもぶらぶらしていたので不安でしたが、
300走ってもずり落ちたり、タイヤと干渉することもなく、
貴重な補給資源を運搬できました。これも合格。
 
さらに今回雨だったので、泥除け機能としてもGOOD!
尚、泥除け専門パーツに関しては、こちらを導入。
使い捨て(?)的な、泥除け。
これと、サドルバッグと併用しました。
 
こちらの泥除けは、かなり効果がありました。
お尻が濡れず、超快適。
 
そして何より、軽くて、つけていることを忘れちゃうw。

メチャクチャ安いものではないのですが、
簡単に取り付けられ、最悪落としても諦められるものなので
ブルベには良いのでは?と思いました。
 
もちろん私はこれを型に、市販のプラ版で安い量産品を作
  
チェーンオイル。
FinishlineのWET。
どれだけ土砂降りの雨でも流されること無いオイル。
 
もちろん今回も最後まで余裕でしたね。良いオイル。
真っ黒にならなければ、最高なんですけど。。
 
雨対策で力を入れたのは服装。
100円の雨合羽。
雨が降った時だけ使って、使い捨てにグーなアイテムですが、
何せこの時期は暑い。
 
ハサミで工作し、
袖をカット、
更に、脇の下の余分な部分をカットし、
  写真左: カット前(製品そのまま)
   写真右: カット後(体にフィット)
この写真のように、カスタマイズしました。

気温によっては、雨は体温を奪ので厄介な存在。
 
今回、夜の気温が下がったところに雨。
服に水が滲み、風で寒くて震えるところでしたが、
合羽のお陰で至極快適でした。
 
どこかこういう便利な自転車用雨具グッズ、
作ってくれませんかねぇ。
 
反射ベストと一緒に、ブルベ装備専用会社を立上げようかしらw。
ヘルメットの雨避け。
 
硬いクリアファイルを使うアイデアと、
前回からの改良点である空気取込口の工夫は完璧でしたが、
夜を想定していませんでした。

本編で書いたとおり、ヘルメットライトの光が反射して
全然前が見えない。
 
このアイデアは昼間限定ですね。
 
雨避けは、ヘルメットライトも浸水から守るを想定してたのですが、
ライトが予想外に雨に強く、最後まで壊れず
く強力に夜道を照らしてくれました。ありがたかった(;ω;)。
ヘルメットライトは信頼度UP。

問題は2~3時間しか持たない電池。18650なんですけどねぇ。
 
てな感じかな。
他にも、

 ・ガーミンのGPS不良対策 ⇒ キューシートの充実
 ・メガネが曇って前が見えない ⇒ 雨の日はコンタクト
 ・夜、キューシートチラ見できるのに十分な小さなライトが欲しい
 ・キャットアイのサイコンは電池換えたら設定を確認すること
  ⇒今回終始、変な速度と距離でただのデカい時計になった 
 
など、いろいろな学びがありました。

是非次回につなげていきたいです。
 
そんなことより、
晴れた昼間にのんびり走れれば何も要らないんですけどねぇ、、

そんなブルベないか(^^;)

ではヽ(´▽`)/

0 件のコメント :