2017年6月20日火曜日

ちょっと待てよ


こんにちは。

日本では某有名アイドルグループの
このTシャツが話題になっていますが、

先日会社のメンバーが着ていたこちらのTシャツロゴ
 

 (・"・;) 何アピールよ

一般人でも、
なぜその言葉を選んだのだろう?

といったTシャツをよく見かけます。

また、タイではこんなブランドが人気のようで、
 
みなさん当たり前のように、

ハイセンスなブランドを身に着けた俺は格好いい!

と、胸を張って街を闊歩されています。


でもね
 
(;・∀・)σ おかしいから


日本語・漢字というだけで、
無評価に格好いい、と身に着けてくれるのは嬉しいけど、

我々日本人には・・・(^^;)ちょっとね。


ん (-ー;)、ちょっと待てよ

なんかすごく似たものが自分の身の回りにあったような。。

corruzione
イタリア語で 汚職


どんな自転車よ (TーT;)。

ではヽ(´▽`)/

2017年6月12日月曜日

バンコク自転車道路探し ~ 雨季に向けて

こんにちは。

先月まで40度を越えていたバンコクも、
先週末は
31.5度!

何があったのか?
 

雨季に入りました ウッキ~! ←・・・(ー"ー)
 こんな洪水ギリギリも日常茶飯事(^ - ^)b。

黒雲を見上げ、ゲリラ豪雨を予感し、
直前に建屋に逃げ込むという生活スタイルにも随分慣れました。
 
 
しかし問題は自転車(-ー;)。

出先でこんなことになったら大変。
 
もし1時間とか掛けて遠いところに行ったら、帰ってこれなくなる。
 (T0T)

 
そこで、先般の塗り絵の続きとして、

(すぐに帰宅できる)
バンコク近郊で
軽快に自転車に乗れる場所探し

をやってみましょう。

まずは良さげな道を 「男の勘」 でサーチ!
びびっ
バンコク病院に到着。

なるほど、さすがバンコクを冠たる巨大総合病院。
美しい道を辿るとここに辿り着くのか。
 
立派だなぁ~、と関心するも
 
行き止まり。

バンコクは区画が全く整理されていないので
こういう脇道に入ると、大抵行き止まり(T0T)。

うーむ。
じゃあ、もっと広い道路を探さねば、

と走ったら、
今度は広すぎる道路に・・・。

すぐ横を100km/hとか、めちゃ怖い(>0<)。
道の脇も固められていて、逃げられんじゃん。

なんとか高速な一般道を抜けて、
線路の高架下にやってきました。
マッカサン駅周辺。

ここは500mほどですが、
直線で車も少なく道のコンディションも悪くない。

なんなら、
電車と勝負するのも楽しいね( ̄ー ̄)。

・・・滅多に来ませんけどw。


2周しましたが、直線を行き来するだけではさすがに飽きる。

少し進んで、別の場所も検証してみたい。
エカマイ道を中心に左右に広がる高架下道路。
このオレンジ色の道。

ここはとてもいいですね。
片道1.2kmの綺麗な舗装で、車も少ない。
コースの途中には駅があって風情も抜群。
 
そして
虫取り網をもった子供達。微笑ましい(^^)。

久しぶりに見たな、こういう昭和な光景。

 
ただ、日陰が少ないのが難点。
今日は涼しいのでいいですが、暑い日は無理。


ということで、また違う場所を探してふらふら走行。

 
ん?
 
(⊃Д⊂)ゴシゴシ
 
えっ( °д°)
これは!
道路脇に、自転車専用道路が敷設されているじゃんか。
そして木陰が延々続いており、とても涼しそう。

 
でも・・・走りにくい (^^;)。
 
路面コンディションは悪くないのだけれど、
交差点のつなぎ目や、コースにも凸凹が多く、
スピードが出せない。←貧脚だから、じゃないの?
 
そして数km走ったら、切れていました。
バンコク病院から北東にあるこのライン。
ここにこの自転車道路があります。

ソンクランなどのクソ暑い時期にはいいかな。

地図を眺めていると
この緑の枠内。

 ・大きな池があり
 ・その周りを走れそうな道もあり
 ・袋小路=自動車が少ない

という穴場な匂いを感じます。

じゃ行ってみっか(・皿・)=3。
入り口はこんな感じ。
ゴミがいっぱいでなんか汚いな(-ー;)。
確かに大きな池があって、車も少ないですが、

タイ人のガチ生活圏。
野良犬も一杯(写真奥)。
 
危ない場所じゃないけれど、
ロードバイクに乗った中年日本人はメチャ目立つ。

やめましょう。
私が求めている道路はここには無い。

家の近所まで戻ってSoi26(26番通り)。
ここも木陰が多く走りやすいですが、
車が多い。

怪しげな店も多いですけどね。

ということで、今日の塗り絵の収穫は、
 
高架下、、だけかな (・" ・;)。

バンコク難しい(TーT)。

 ではヽ(´▽`)/

2017年5月22日月曜日

塗りつぶし

こんにちは。

日本のニュースを見ていると、
今年は早々に30度を越えて暑そうですね。

タイは毎日
40度を越えてますけど。

ニュースを見ながら、子供達が

30度って超涼しいじゃんっ (°0° )

とか。

ここは南国ですから(^^;)。


さて、そんな暑い毎日ですがそれでも毎週自転車に乗っています。

往復の道に慣れたのと、やはり公園内の景色と涼しい風。

でも、やはり毎週だと飽きてきます。←飽きてばっかりやな


それに、もっと素晴らしい未踏の地があるやもしれない。

そう考えると、同じ場所ばかり走ってられません。
  
 
最近見つけたサービスがこちら。

バンコク近隣の自転車コースを写真付きで紹介してくれるもの。

タイ語しかサポートしていないのが残念ですが、
なにより土地勘のある地元タイ人がお勧めするコース一覧。

きっと私が知らない隠れた名コースがあるに違いない。

と思っていろいろ見てみますが・・・
  
 
情報が少な過ぎる (-ー;)。
 
これは、
 
 ・タイは自転車ブームといえ、実際はそれほど走っていないのかしら?
 ・走っているけれど、情報をUPしていないのかしら?
 ・そもそも走る道が無いのかな? 

どうなんでしょう。

検証しなければなりませんね。

そしてコースは、私が探して、実際に走って
自ら認定していく以外にありません。←何の使命感よ


ということで、バンコクの道をひとつづ塗りつぶしていきましょう。
本日のターゲットはここ。
 Nawamin Phirom Park。

 ・大きな池がある
 ・池の周りに道がありそう
 ・バンコク市街から近い

と、魅力的な自転車道路の条件が揃っています。

早速行ってみました。
おー!南国。
大きな池が気持ちいいー!。
道も綺麗で、適度に木陰があって素敵じゃないですか。

・・・。
えっー! (°ー°;) 自転車禁止?


そういうことはGoogleMapに書いておくれよ Orz。。。


とりあえず、ひとつ塗りつぶしました。

ではヽ(´▽`)/

2017年5月14日日曜日

酷いコーデ

こんにちは。

毎日同じバイクに乗っていると、

色に飽きませんか? (´・ω・`)

私は、こいつの塗装が終わってからずっと、
この
青・黒・白

で、通してきました。

だってそれ以外にハマリそうな色が無いんだもん(TーT)。

ところで、久しぶりにアウターケーブルに目をやると
ヒビが入ってたり
末端は錆びていたり、と酷い状態。

気持ちも新たに交換しようと
ロードバイク屋さんにお邪魔したら、
真っ黒なケーブルしかありませんでした。

それも倉庫の奥から出してきたので、

タイのローディーには、アウターケーブルでおしゃれしたい
という意識は無いんでしょうね。

 
しかし、このままでは、また
青・黒・白の3色コンボに戻るだけ。

そこで
ちょっと冒険。

他にも無難な色はたくさんありましたが、
この色だと確信 ( ̄ー ̄)ニヤリ。

早速交換。

じゃん!

・・・ あれ (-ー;)

こんなはずでは、、
  
目立つ色は、ハンドルだけでなく別の場所にも散りばめないと、
頭でっかちになりますね(T0T)。

ならば、ということで
服もオレンジに。

てか、このヘルメットさえあれば
どんな服でもいいよね。
  
今が旬のタイの花(ホウオウボク)ともバッチリ。
コンビニで食べるアイスとも相性が良いですよ。 ← 全くどうでもいい


ということで、とても酷いコーデになりましたが、
うまく誤魔化しながら乗りたいと思います。  ← 好きにしたら(^^:)


ではヽ(´▽`)/

2017年4月18日火曜日

タイ北部ロードバイク旅 ~第6・7日目 カオソーイ食べ比べと寝台車

こんにちは。

タイ北部ロードバイク旅6・7日目。


最終日はパレードラン的な1日になりました。

この日はトーン(Thoeng)からチェンマイ、バンコクに戻ります。

-----------------------------------------------------------------------
5時起床で6:15バスに乗車。
今回睡眠時間が厳しい旅になったと振り返りながら、
バスの中で、うとうと・・・。

11:00チェンマイ到着。

懐かしい。
つい4日前ここにいたのに、随分昔のことのよう。

お腹が空いたので、改めてカオソーイ食べ比べに挑戦。

まずは
 カオソーイ サムージャイ(Khao Soi Samoe Jai)。
 
スープが辛くて有名。
店内は満席。人気が伺えます。

どれ?ずずーっ

うわっ、確かに辛い。
でも、うまいな。 これくらい辛い方が好き。

揚げ麺が邪魔だな。食べにくい。
なるほど。

続いて、すぐ近くにある
カオソーイ ラムドゥワン(Khao Soi Lamduan)。
※GoogleMapにはファーハム(FAHam)とあります。

ここはチェンマイでカオソーイを70年やっている老舗中の老舗らしい。
見た目は揚げ麺も少なく、地味ですね。
麺も微妙に色が悪い。

どれ?ずすっ・・

(°ー°;)え

何コレ、、めちゃくちゃ旨いじゃん。

70年の老舗から来る先入観かもしれませんが、
スープにいろんな味を感じられて物凄く奥が深い。

麺もつるつるでモチモチ。

なるほど、元祖たる味やな ← 完全に先入観
 
 
全くどうでもいいでしょうが、私ランキングではダントツ1位。

簡単に比較をすると、
①メーサイ     (2日目に食べた店)
②サムージャイ  (今回食べた店)
③ラムドゥアン    (今回食べた店)

◆◆ スープ ◆◆
①日本人好みのカレースープ味で、一番カレーを感じる
②とにかく辛さ勝負。辛い=旨いの人には抜群
③奥深さを堪能でき、これが本物のカオソーイか!と、唸る味

◆◆ 麺 ◆◆
①オーソドックスな卵麺
②揚げ麺が主役、パリパリ感が好きならここ
③もっちりとした味わい

◆◆ 総合 ◆◆
①カレー好き日本人に一番合うのでは?
②辛いのが好きな人向き、私も好き
③①②が子供っぽく感じてしまう本物志向

ですね。
※個人の感想です
  また、カオソーイは日によって味がバラつくらしいので
  同じ味にめぐり合えるかは運次第。
 
 
さて、お腹が膨れたら、
今度はソンクランフェスティバルに参加しましょう。 

激戦区の堀まわりを自転車で流しますよ。
水掛祭りキタ━━ (゚∀゚) ━━━━!!

街全体がびしょびしょ。でも楽しーい!(^0^)/
 
去年はバンコクで遊びましたが、
チェンマイのほうが規模が大きくて断然楽しい。

ただ問題は、堀の水を掛けられることですね(^^;)。

バケツから水が出た瞬間、色が緑ですぐ分かる。
ホントにそれだけはやめてくれ(-ー;)
お陰で全身ずぶ濡れになりました(^^;)。
チェンマイ駅到着。
ずぶ濡れになった服を着替えていると、iPhone紛失。
駅員さんと監視カメラ見たり、全員総出で発見してもらいました。
ホントごめんなさい・・・ありがとう。←タイ人に世話になりっぱなし
   
お陰さまで帰り支度が無事完了。
旅の無事を祝して乾杯。奥にアイスを隠し持っているのは内緒。
ぷしゅっ、ごきゅごきゅ・・・くはーー、うめー!(≧∀≦)。

タイの鉄道では、自転車の輪行袋は90バーツ支払って、
貨物車両に乗せるのが正しい輪行手段なんですね。
駅員さんに教えてもらいました。
帰りは寝台列車。15:30発。

なぜこの狭いイスに大量のデカ白人なんだよ(TーT)。
それも寝台設置までの辛抱。
 
手際よく設置されていくベッドに横たわれば、
そこはもう、窓から涼しい風が入り込む個室スペース。
お陰でぐっすり眠れました。
5:30、バンコク、フワランポーン駅に到着。
地下鉄に乗って帰宅。

長かった旅も無事完了。終わった~(^0^;)=3。
 
その日の夕方、
カオソーイに触発されて、
ジャパニーズカレーを創作。

安定の旨さではあるけれど、あのカオソーイも忘れがたいな。
 
 
という6泊7日のプーチーファー登山のロードバイク旅。

これで完了です。
 

最後まで読んで頂いた方、長文駄文にも関わらず
お付き合いいただきありがとうございました。
(振り返りと詳細情報はこちらにも)
 
さて、来年はどこを攻めるかな( ̄ー ̄)。

ではヽ(´▽`)/