2017-10-17

憧れの地 高倉峠 ~後編

2 件のコメント :
こんにちは。

無事、雨男疑惑が晴れた前半戦。

後半戦は下り基調で、デポ地へ帰るだけですが、

 
そういえば1つ宿題がありました。
目の前に見える冠山峠攻略。

落石と水で、パンクにひやひやしながら激坂を下り、
分岐点に到着。

 
マドン君と相談。
 
現在14時。
日没は17時半で、残り3時間半。

デポ地まで30kmだから、
14:30までにここ(分岐点)に戻れば大丈夫。
 
峠まで3kmが本当なら、30分で十分でしょう。


ということで、下を向くメンバーを無理やり峠へ誘います。

売り切れた脚に鞭を打ち、改めて冠山峠へ出発。

しかし、この峠もかなり手強い。

ずっと10%Over。
  
途中から脚が痛くなった私は、押し歩き。←情けない
それでもススキの間から見える美しい景色に癒されながら、
3km耐えてみたところ、
他のメンバが休憩。


おっ、頂上か!

と思ったら、どうやら全員ギブアップらしい(^^;)。

確かに。

3km過ぎたのに、まだまだキツイ坂が続いている。

やっぱり3kmはウソ情報だったな。
  
  
とにかく先を行くマドン君のところまで行かないと!

そう言って亀のように進んでいると、

先方からマドン君が折り返し。


「ダメです。まだまだ続いてる。14:30になったので引き返しましょう。」


良い判断(°°)v。
  
 
登りたい気持ちもあろうけれど、

メンバーの状態や行程を考えて引くことも大事。←お前の貧脚が原因だろ


揖斐川源流。
ようやくダム湖まで帰ってきました。

近くにあった駐車場で、軽くトイレ休憩。

残り20km。
 
明るい間に帰りましょう!と、再スタートしたら、

パンクー!

・・・え?

FELT師匠に魔人降臨。


え、え?
  
 
あんなに劣悪な道では無傷だったのに、普通の駐車場でパンク?

それもリム打ち?

・・・なんでよ(^^;)。
 

パンクを修理し始めたら、今度は

 ・タイヤを外すレバーが1本足りない、

 ・リムハイトに合うバルブ(90mm)のチューブが無い、

 ・バルブエクステンダーつけたら根元から空気が漏れる、

 ・CO2で空気入れたら、空気入れる口が凍って取れない、

 ・取ったらプシューって空気抜けたって、
 
師匠、来年、キングオブコント狙ったら(^ー^)ゲラゲラ。


お陰で、メンバー全員

激坂で荒んだ気持ちが随分楽になりました。 

師匠、毎回楽しい時間をサンクスです。ぷぷぷ。


帰りはトレインを組んで走行。
いつもは先頭を走っていた私も、
今回は真ん中に入れてもらい、かなり楽をさせてもらいました。
全然クルマが来ない、

静かな山の中はとても気持ちがいいですね。
日没まで十分間に合いそうです。

最後の小峠を抜けるとトンネル。
これで今日の登りは終わり。

山や川の風景がある日本は本当に美しいですね。
タイにいると改めて日本の素晴らしさを痛感します。

無事デポ地到着。
帰り支度もほとんどメンバーにやってもらい、

私は
久しぶりの日本食を堪能中。←働けよ

道の駅に置いてある、こういう類のご飯はとても美味しいですね。
 
 
併設している温泉で汗を流し、
 
今日のライドを皆で振り返り、
  
帰路の途中で晩御飯(王将でギョーザでした)。


とても楽しい充実した一日でした。

あー早く日本に帰りたい。

 
メンバーのみんな、ありがとうございました。

また帰国の際は貧脚にお付き合いくださいませ。←タイでもっと走り込めよ


そしてここまで読んでいただいた皆様もありがとうございました。
もっと濃いライドができるよう精進したいと思います。


ではヽ(´▽`)/

2 件のコメント :

しん さんのコメント...

今回は最高のチョイスをありがとうございました。
タイの総合計より登ったのでは笑
次回ご帰国されるまでしっかりメンバーしばいておきます!

Massan 2011 さんのコメント...

しんさんさん、こんにちは。

まさかコメント頂けるとは・・・。

こちらこそ何から何まで準備頂きありがとうございました。

そうね。きっと2年分を1日で取り戻しましたね。

でも素晴らしい景色と天気でした←天気強調!


またよろしくです
ではヽ(´▽`)/