2017-04-11

タイ北部ロードバイク旅 ~第3日目 メコン川

2 件のコメント :
こんにちは。

タイ北部ロードバイク旅3日目。

自転車に乗るまで3日も移動するって
タイはどれだけ広いのよ・・って話ですが、
   
今日の目的地になるChiang Khong(チェンコン)は
地図の上にある青い丸。めちゃくちゃ北の端っこ。

バンコクから900km離れています。

そして今日もまだ本丸に到着しない、ただの移動日。
タイ広い(TーT)。
  
-------------------------------------------
6時過ぎ。少し寝坊して起床。
チェンライのお宿にお別れを言って、
朝顔に挨拶して、昨日のバスターミナルへ。
(チェンライバスターミナル1)

まずソンテウという乗り物で、
タイ、ミャンマー、ラオス3ヶ国の国境である
 
ゴールデントライアングル
 
という場所を目指します。
 
運賃は50バーツ(約170円)で、
自転車は屋根に積んでくれました。
(荷物料金不要)
 レイザーラモンRG似の優しい運転手さんと1時間半のドライブ。
ゴールデントライアングルに到着しました。

せっかくなので少し観光。
まずはお約束の領土掲示版。
そして、
すぐ近くにあるお寺の階段を登って展望台へ。
うわー(°0°)、めちゃくちゃ雄大。
ここまで階段や坂を沢山登りますが、その甲斐ありです。

メコン川の景色に癒されたら、近くのコンビニで朝食。

10:00
準備を整えて70km先のチェンコンへ出発。
 しばらくメコン川と併走する気持ちのいい区間。
 
川から来る涼しい風でとても清々しい。
川沿いは店も多く、木陰もあって走りやすい。
何より景色が雄大ですよ。
 
実際に走っているとこんな感じ。
 
20km走ったら、分岐点。
真っ直ぐ川沿いを北上する道と、右折して山越えする道。
川沿い道は遠回りになるけれど、景色が良さそう。
山越え道はショートカットできる上に、幹線道路なので道が綺麗そう。
 
迷いましたが、ショートカットを選択。
 
だってね。
今11時で、既に40度を越えていて、
一刻も早くホテルに向かわねば、熱中症でダウンするからです。
 
11時~2時は、常時40度を越える魔の時間帯。
大げさではなく、この時間に走ることは死を意味します。
山道といっても、のどかで高原のよう。
遠くに山が見えるあたり、日本の信州を走っているような雰囲気。
 
やはりこっちがアタリだったな( ̄ー ̄)ふふ。
目的地まであと31km。 かなり余裕じゃない?
  
と、ほくそ笑んでいましたが、
 
不幸は突然訪れるもの ← おきまりの展開
 なんと舗装道路が終了してダートに。
 そしてその先には怪しげな上り坂が。

(・・;)ちょっと待て!
 
今回Googleマップで下調べしたけれど、こんな場所無かったぞ。
 
と文句を言ってみるものの
現実はダートの道なのだからしょうがない・・ (´・ω・`) しょぼーん。
  

一時的な道路工事だろうから、ここだけ我慢して登ろう。

と、進みますが、
このダート、延々終わりません。
そしてずっと10%の登り。


さらに・・・・ 暑いっ。

サイコンの温度計は45度をマーク。
完全に「魔の時間帯」につかまりました。 

これだけ暑いと、水を飲まずにはいられませんが、
ゴールが見えないため、水が減ると不安が高まります。
 

不安。疲労。猛暑。身体の痛み。
  
・・・これ、生きて帰れるかしら?(-ー;)
  
ネガティブなことばかりが頭をよぎります。
  
   
いやいやいや、
坂なんていつかは終わる。 絶対負けねー(°皿°;)。
 
そう自分に言い聞かせて登っていると・・・
 
(°0°;)!
お店発見。
水売ってる・・・ひゃ~助かったー(≧ー≦)v。
 
おじちゃんが冷蔵庫から取り出した水は少し凍っていて激ウマ。
今までタイで飲んだ水で一番旨かったよ、おじちゃん。
道の脇から見えた下界は美しい景色。
これがあるから頑張れるんだよな。

魔の時間帯の峠、何とか無事にクリアできました。

ここからはダウンヒル。 
 
動画では少し分かりづらいですが、
雄大な景色に落ちていく感じで最高に気持ちが良い。

 
さて、峠もやっつけたし、あとはのんびり走ればゴールかな?
と思ったけれど甘かった。

また登り。10%。
おいっ、どれだけ登らせるんだよっ!

ぶつぶつ文句を言っていたら、展望台。

なるほど、さっきは峠で、ここが最後のピークなわけだな。
どれ、展望台からの眺めはどうよ?
うわーこれまた雄大。
 
バンコクにはこういう場所が無いので、
ようやくタイでの自転車生活を満喫できましたよ。
 
 
しかしダートは続くよ、どこまでも
メコン川とのコラボが美しいのはいいですが、パンクが心配。

そしてこちらも心配。
リアル 「対岸の火事」。 山焼きかな?

そして、もう一つ心配事が・・・

ハンガーノックです(-ー;)。
 
ゴールデントライアングルから何も食べずに4時間。
お店など、どこにもありません。
   
あと数キロでホテルなのだけれど、そこまで持たない。
かなり力が入らなくなってきた。
 
ダートなので余計に疲れるんだよな ・・・ (^^;)

そんな状況なのに、また坂。
 
こんな場所、日本ならトンネルを掘って平坦な道になるけれど、
タイにはそんな技術がまだ無いんだな。
 
なので、全部峠アタックになると・・・ふむふむ。
 
 
なんて、納得している場合じゃない (°皿° )キー!。
 
  
フラフラしながら、坂を登っていると、

一軒のタイ民家を発見(・0・)。
 
さらに、大勢でわいわいと食事を楽しんでいる様子。
 
 
背に腹は変えられません。
本当にごめんなさい。腹が減って死にそうです。
何か食べ物分けてくれませんか?←ザ日本の恥
  
と拙いタイ語+ジェスチャーでアピールしてみます。
 
 
するとどうでしょう。
こっちに来て一緒に食べなよ へ(^ー^) と、お誘いが。

ホントに(°0° )? 超うれしい(T ^ T)
 
 
奥さん 「クイッティアオ(タイラーメン)しかないけど、いい?」
  
私   「食べられるものなら何でも感謝です」

ということで、
一杯のタイラーメンにありつくことが出来ました。
幸せ~(TーT)。
昨日のカオソーイも美味しかったけれど、

この状況でいただくタイラーメンの旨さよ。感動しまくり。
本当にタイの人って親切。感謝感謝。

家族団らんを邪魔して、
そしてこんなご飯まで頂いて、本当にありがとうございました。
お気持ちを置いてお別れ。
タイラーメンパワーで元気よく走ると、
おっ!街だ!そして、道も綺麗になった。
 
バビューンと下ったら、
うわー都会だぁ。
16:00 ホテルに到着。

シャワー浴びて、身支度を整え
メコン川タッチを済ませてからの、
夕食。

メコン川を眺めながらビールを飲む。
 
これがやりたかったんですよ。

暑いのですぐ部屋に入ったことは内緒で・・・


という3日目。

今日も疲れました。
 

そして、明日がいよいよメインイベント。
山に登ります。


ではヽ(´▽`)/

2 件のコメント :

ロードバイク病患者 さんのコメント...

このチャレンジ精神と言うか、本当にヤッちゃう実行力、心から尊敬します!楽しんでいる様子、バンコクから応援してますよ。カオソイも美味しかったでしょうけど、命をつなぐクイッティアオの味は一生忘れられないものになりそうですね。たっぷり満喫して、そしてどうか(これ以上?)コケたりしないで無事に帰って来て下さい。

Massan 2011 さんのコメント...

ロードバイク病患者さん、こんにちは。

あはは、出足からこけて恥ずかしい限りです。

お陰さまでタイ北部の旅楽しませて頂いています。

今回の旅で一番印象に残っているのはタイ人の優しさでしょうか。
いろんな場面で助けてもらいました。

あと少し楽しんだら私もバンコクに戻ります。

ではヽ(´▽`)/