2014-07-16

背中への更なる配慮

0 件のコメント :
こんにちは。

暑いですね。この時期のジテ通は超大変。
 
少しでもペースを上げようものなら、すぐ汗だらけ(^^υ)。
なので、超のんびり走ってますよ。 ←それが実力
  
さて、ジテ通時の不満と言えば、

過去この記事で書きましたが、通勤カバンですね。

2年前に買ったバッグ、
カバンが柔らかいので、へんな折り目がつき、
その折り目に穴があきました。
そろそろ、新しいのに変えますかっ!
TIMBUK2 Classic Messenger Bag。
自転車に乗るなら、やっぱり定番を選ぶべき。
 
Sサイズ。
以前持っていたカバンとほぼ同じ大きさ。
私の身長は168cm。
背負うとこんな感じ。
もうちょっと寄ってみた。
さらに、自転車に乗っているポーズ
夜中に何してんだろ・・俺。←ブログのネタ作りだろ
以前のバッグは、蓋の部分にポケットが2つありました。
カバンを閉めても、このポケットから物を取り出せて便利。
 
対しTimbuk、
蓋部分には、ポケットがありません。
裏側は?
こちらも無し。
 
カバンの蓋を閉めたら、荷物が取り出せない。
 
しかしそこはTimbuk、
本体と蓋の間から、物が取り出せる仕組になっています。
こんな感じ。ジッパーでロックできるポケットが1つあります。
それ以外にもポケットが3つ。キーチェーンも着いてます。
いろいろ物が入りますね。

今使っているバッグ。
蓋側ポケットは便利ですが、蓋を開けたときに、
ポケットに入っていたものが全部落ちることがあったので、
  
Timbukの作り方が正解な気がします。
カバンの内側にもポケットが多数。
通勤だけなので、たくさん物を持ち運ぶことはないですが、
ポケットが多いと小分けしやすくていいですね。
蓋は、マジックテープで固定できますが、固定用ベルトも2つ。
ベルトの末端には反射材が。
 
メーカーに「これは自転車用のバッグですっ!」という
意識があって好感が持てます。
  
ショルダーバックとして使う時はこんな感じ。
ビジネスマンとしての雰囲気は損なってないですね。
・・・モデルは別として。
  
肩からかけるベルトは、途中にバックルがついています。
これは、長い=ショルダーバッグ、短い=自転車乗車時
という切り替えが、即時に出来る仕組になっています。
でも短くして自転車に乗るときは、

この通り、余った肩紐が輪になって少しみっともない(°- °;)。
あとはこれですね。クロスストラップ。
ただ、たすきがけするのではなく、横からも固定することで、
カバンがずり落ちてくるのを防ぎます。
  
・・・ しかし、紐が余りすぎるな(^^;)。
アメリカ人のサイズが基準なんですかね?。
 
あと、たすきがけを意識しているため、
バッグに対して、斜めに肩ベルトが縫い付けられています。
  
 
2週間ほどジテ通で試してみました。

クロスストラップの効果でほぼずり落ちません。
かなり良い。
体にしっかりフィットして痛くなることもない。
 
軽さや、ポケットの使い心地は、特筆することはありません。
普通に使えます。
  
あとは耐久性かな。
 
冒頭に書いたように、
折れ目が劣化するようなことは、同様に起こりそうです。
  

では、これからどんどん暑くなりますが、
こいつと一緒にジテ通に励みたいと思います。

ではヽ(´▽`)/

0 件のコメント :